23歳、社会人1年目の男性でした。
激しいセックスではなく、女性器を舐めて感じさせるのが大好きという方です。
この人と待ち合わせをして、ホテルの中でクンニをやってもらうことになりました。
セフレとは違って肉体関係は持ちませんから、その分の怖さはありません。
でも知らない人にあの部分を見られたり舐められる、これに対しての緊張感というものは持っていました。
緊張こそしているものの、期待感も膨れ上がってしまっている状態です。
クンニしたいと思っていた年下の会社員の方と、駅前で会うことに成功しました。
軽い立ち話の後ホテルに向かってしまったのです。
セックスしないとはいえ、ホテルに入ることもドキドキ体験でした。

 

 丁寧にあの部分をシャワーして綺麗にしていきました。
そしてバスタオル姿で、舐め犬の前に立ったのです。
バスタオルをまくり上げて、私のあそこをしっかりと見つめていました。
「すてきな人妻のオマンコですね、もうエロ汁が溢れてしまっている」
指で私のビラを広げて中を見ていました。
そしておもむろに口をつけたかと思うと、クンニが始まりました。
舐められるのはとても久しぶりのこと、前彼にやってもらった以来です。
とても気持ちよくて、一気に感情が爆発していきました。
本当に丁寧に舐め続けてくれる舐め犬に、私のハートは張り裂けるほどの興奮でした。
とてもエロい音を出しながら「オマンコがとても美味しい」なんて言いつつ舐め続けるのです。
とても恥ずかしいけれどお汁が溢れ続けてしまいました。

 

 私の舐め犬初体験は大成功でした。
挿入せずに、舐め犬の方は長時間に渡って私を舐め続けてくれたのです。
とっても気持ちよく、繰り返しアクメを感じたかわかりません。
夫とのセックスもなくなってしまっていて、浮気とは違う関係で私は何度もなんども逝かされてしまったのです。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
舐め犬募集サイトBEST5
舐め犬探しの成功者から教わったサイト